訪問医療マッサージエイト

相模原の訪問マッサージで辛くない介護 | 多職種と連携して在宅支援

お問い合わせはこちら

ブログ

介護

介護される側とする側の両者へ支援

自治体が運営する特別養護老人ホームは、要介護3以上の方が入居できる介護施設です。民間と比較して費用が安く人気があるため、入居まで時間がかかる傾向にあります。そのため、希望に反して介護生活に突入した方もいらっしゃるのではないでしょうか。相模原を拠点に介護に奮闘する皆様を包括的にサポートいたします。

相模原で介護をする側もサポート

【体の痛みに向き合う】身体に関わる痛みとは脳で感じているものです。ご高齢者に多く出現している痛みは感じている部分で起きているものではなく隣接した関節運動の低下や筋力低下による四肢・体幹の維…

【巻き肩】私達がよく目にする利用者様のほとんどは外傷の場合を除き、筋力の低下と筋萎縮が進行したことにより肩周囲の圧力のバランスが崩れ肩の位置が巻いた方向へ固くなってしまいます。インナーの筋…

【痙縮と拘縮の違い】痙縮とは手指が握ったままとなり、開こうとしても開きにくい、肘が曲がる、足先が足の裏側の方へ曲がってしまうなどの症状が見られます。痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固…

【嚥下障害】頸部の筋肉力低下や萎縮によって随意運動がうまく行えず、意図的に物を飲み込む動作が難しくなります。食事が上手く取れない状態が続くと、行動意欲の低下や栄養失調の恐れが増え、続発的に…

【湾曲症】ここで言う湾曲とは背骨のカーブが過度に曲がってしまう状態の事です。一般的に成長過程の小児や女性に起こりやすい"側湾症"身体の骨格筋の低下により湾曲が強くなり前傾姿勢になってしまうこ…

【足首の拘縮】筋力の低下が生じると関節をまたぐ筋肉の腱が硬くなり関節の拘縮が伴います。体幹を支持する筋力(身体の内側の筋肉)が低下すると外側の筋肉が余計に働き筋肉の引っ張る力によって変位して…

【首下がり症候群】日常生活動作の低下や、身体能力の低下により骨格を維持する骨格筋が低下し不良姿勢を無意識に行なってしまいます。更には筋肉の萎縮により不評姿勢が正常の位置と変化してしまう恐れ…

【パーキンソン症状】清誰もが聞いたことのあるパーキンソン症候群。大きな症状は4つに分類されます。●振戦→手足や顎などに震えを感じます●運動緩慢→全身の運動が鈍くなり遅くなる●筋強剛→筋肉がこわばり…

【移乗訓練】主に私が診る事の多い利用者様は、日常生活において介助が必要な方が大半です。訪問マッサージを取り入れるきっかけとして多い理由としては、日常生活動作に支障または身体機能の低下が見ら…

【便秘】

2023/07/06

【便秘】利用者様の中には身体を動かす事が難しくなり排出困難になる方が多々おられます。もちろん腸の活動も関係していますが、臀部の筋肉を上手く活用できず排出ができないパターンが現場では多くみら…

身体が思うように動かなくなるとご本人様が辛い思いをするだけでなく、介護者の負担も増大します。住み慣れた環境で安心・安全な生活を続けるためには、身体機能の維持・向上が欠かせません。相模原を拠点にした訪問マッサージとして身体の強張りを和らげて動きやすい身体へ導き、介護者様の負担軽減にも繋げています。医師やケアマネージャー、理学・作業療法士など多職種が一丸となって在宅生活を支えますので、不安や負担を軽減していきましょう。

相模原で介護をする側もサポート

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。